fc2ブログ
登れる岩へ
瑞浪にクライミング。
各岩には、精力的な人たちが、ところせましと活躍中。
意欲的に、登っていらしゃる。
ならば、ということで我々は最上部の岩へ。
幸いにも、誰も登っていない。
ならばということで、登り始める。

精進の岩
今日の相棒は、絶好調。
次々とロープを引っ張ってくださる。
その意欲と態度に敬服。
私はと言えば、登れる登れないのレベルではなく、どの岩にも歯が立たん。
まったく、歯が立たん。
こりゃ、最初からやり直しだなあ。
2020.12.12 Sat l 2020 l top
ありがとう
7202_convert_20201116185843.jpg
【恵那山頂上小屋からの朝日】

うれしいね
この土日は、大垣労山の人たちが恵那山に登ってくれた。
本当に、ありがたい。
登る場所は、長野県側の広河原登山口から。
カラマツの黄色が美しい、よいコースであった。
登り口で、かなり悲しい光景を見た。
登山口から、ほんの数分登ったところにある不動沢。
完全に土砂に埋もれていた。
沢の面影は一切、消えていた。
かつては、岩魚の好ポイントだった沢だけに、涙。

ありがとうの登山
今回の登山は、私の病状回復を祝ってのものだった。
こんな私の些細なことまで気にかけていただけるのが、ありがたい。
おかげで、現在はピンピン。
ありがとうございます。

登山の方は
いやはや、半年ぶりの登山。
今日は、月曜日。
全身、だるくてタマラン。
体は、ギブアップ。
でも、心は満足の恵那山登山をしてくださった皆さんに感謝。
2020.11.16 Mon l 2020 l top
これは、まいった
DSCF3025_convert_20201108182520.jpg
【この滝にはおそれいった】
国道19号を西に走っていると、釜戸のあたりに竜の置物がある。
以前から気になっていたところなので、今日行ってみた。
行ってみて、驚くなかれ、写真のようなみごとな滝がデンと流れておられた。
これは、アナ場である。
知らない、自分を恥じた。
DSCF3024_convert_20201108182753.jpg
【これは、まいった】
写真じゃ分からんが、右手にボルトが3本あった。
うーむ。
今度、仲間とともに訪れなければと思った。
瑞浪奥地には、未知の領域があったのだ!
2020.11.08 Sun l 2020 l top
圧巻の景観
DSCF3022_convert_20201101102602.jpg
【この景色。寒くなってきた。】

五色ヶ原
乗鞍岳の西麓にある五色ヶ原。
こんなに近くにあるのに、今まで知らなかった「秘境」。
ほとんど手付かずの山域に入る機会を得た。
今シーズン最後の日、のんびりと歩くことができた。

よく晴れた空
午前7時の集合時刻。
国道横にある事務所出発。
雲一つなく、よく晴れた空である。
自動車に乗り、「シラビソコース」の入り口に移動。
テクテクと歩き始める。
本当によく晴れた空が心地よい。
聞けば、本日がこのコース最後の案内らしい。
明日からは、各小屋の閉め作業。
そんな一日、のんびりとこのコースを歩けるのも、なんだかうれしいものだ。

圧巻の布引滝
ガイドさんの案内で、テクテク、テクテク。
大昔から残る溶岩地形を見ながらの歩きは新鮮で明るい。
コース最後を飾る布引滝は圧巻。
左手から奔流がゴーゴーと落ちる右手に、涼し気な沢が流れ落ちる。
しばらく滝を眺めていると、寒くなってきた。
まさしく、心に残る圧巻の景観であった。

2020.11.01 Sun l 2020 l top
天気よし、気分よし
7161_convert_20201026095422.jpg
【頂上あたりの湿地帯。快晴の屏風山】

予行演習
来週末にせまった五色ヶ原登山。
なかなか、楽しみである。
その予行演習ということで、今回は屏風山に登ってきた。
なかなかの登りごたえで、よい登山ができた。

しばらくぶり
思えば、この山にはよく登った時期があった。
麓から走って登って、頂上稜線へ。
今回は、走ってというのは割愛して、のんびりと歩き。
駐車場は、以前とは場所が変更してあった。
以前は、2台も止めれば満車という感じだった。
今回は、その奥に広~い駐車場が用意してあった。
よく整備された登山道をテクテク。
小一時間で頂上稜線へ。
そこから左折して頂上。
戻って、写真の湿地帯で昼食。
あとは、来た道をテクテク歩いて終了という感じだった。
よい登山ができた。
来週末には、五色ヶ原を予定している。
天気が良さそうなので、楽しみだ。


2020.10.26 Mon l 2020 l top