fc2ブログ
参加者/3名
天候/午前中は雲ひとつない快晴、午後は高曇り
コースタイム/10:00P6取り付き-13:00終了点-15:00藤内小屋

四日市ICあたりは「お約束」の渋滞区間。
今回は、朝っぱらから早くも何じゃこりゃの渋滞。一つ手前の四日市東ICから下道を走る。そんなこんなで、前尾根取り付き着が大幅に遅れてしまった。
本来のスタート地点であるP7から登っていたのでは終了が夕方になる可能性大。
やむなくP7はすっ飛ばし、P6から取り付く。
5月に登ったときは終始セカンドで、気分ラクチンだった。
今回は、トップを引き受け、アドレナリン大量放出。

P6はリッジにルートを取る。
登り始めで体が岩になじまない。ヌンチャクをつかんだりしてチョンボ。

P5はノーマルルート。
やさしいⅢ級で、快適に登る。
ビレイ点では「きれいな青空だなー」と高く澄んだ秋の青空を見上げる余裕が出てきた。

P4は凹角ルート。
ランニングビレイ用の支点が乏しい。
フレンズを持参してよかったなあと、しみじみ思いながら快適に登る。

P3はAスラブをあっけなく超え、Bスラブのやさしいカンテからチムニーへ。
この頃には、完全に体が岩になじんできた。
このチムニー登れるかな?と切ない気持ちで登り始めたものの、冷静にホールドを探すとちゃんといい所があるもんだ。バシッと態勢が決まると、快感!
最後のCスラブは左側を通り、裏に回りこむと超特大ガバホールドとスタンスで安心の終了点。
2012.10.14 Sun l 2012 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿