fc2ブログ


越百山~空木岳を走る       実走/約10時間

コースタイム/伊奈川ダム上流P5:35→福栃平6:05→越百小屋8:00→越百山8:40→南駒ヶ岳10:30→空木岳11:45→木曽殿越12:40→北沢14:10→林道14:45→伊奈川ダム上流P15:45

スタート
夜明け直後、伊奈川ダム上流Pは涼しかった。10台ほどの車がある。
高いモチを持ってスタート。
しばらくは、今朝沢沿いの林道をウォーミングアップで歩く。沢を見ていると、アマゴのポイントに思わず目がいく。
福栃平で林道を離れ、登山道へ。
尾根に出るまで急登が続く。大汗をかいてゼーゼー歩く。
「下のコル」で尾根に出ると、傾斜は緩む。テクテクと走ることができる箇所が、けっこうある。

越百山
越百小屋通過。越百山直下の最後の登りにあえぐ。
越百山は、なだらかな山稜。やさしい風情のよい山だ。
福栃平からの標準コースタイム5:25のところ、2:35で登り切れた。アルプスと名がつく所を、このスピードで登り切れたことに少々満足。
ハイマツの緑、白い砂利の稜線を一気に駆け抜ける。空気はヒンヤリ。爽快そのもの!
仙涯嶺が近づいてくる。

仙涯嶺
その岩の塊が近づくにつれ、威圧感を感じる。いかにも険しい仙涯嶺は通過困難なのでは?
しかし、何のことはない。岩自体は登らない。岩の間をぬって道があるので、一歩一歩を慎重に歩けばよい。
やや下りになった所で、巨大な一枚岩の下を通る。そのスケールに、しばし目を見張る。
南駒ヶ岳への急登が近づいてきた。

南駒ヶ岳
仙涯嶺から南駒ヶ岳への稜線は岩が多い。無用な踏み跡があったりして、一種の迷路。走ることはできないから、コースタイムは思ったより縮まらない。暑さを感じる。
伊那側直下、大崩壊地のかたわらに摺鉢窪避難小屋が見える。ベランダにベンチが並んでいる。こんな好天の午後は、あそこでキーンと冷えたビールなんていいなあ~と夢想。

空木岳
西を見る。御岳は雲に隠れた。その雲がこちらに来る気配なし。御岳って、けっこう天気が崩れやすいのかなあと、ふと思う。
東を見る。南アルプス塩見岳の右には富士山。
天気は荒れないだろう。空木岳に向かうことにする。
赤椰岳への稜線は、快適に駆け下る。
走ることができると、トレランの長所発揮。1時間15分ほどで、あっさりと空木岳着。
頂上で、今日初めての大休憩。下界、伊那谷をぼんやり眺める。

長い長い下り
木曽殿越への下りは、ゆっくり走ることができた。しかし、なぜか標準コースタイムと同じくらいのスピード。
木曽殿越通過。
そこからが実に長かった。
下りというのは足によくない。登山の疲れとは、「下山」のときにたまるものと改めて実感。
長い、実に長い。
ようやく沢に下りたと思ったら、一山登り返しあり。むせ返る暑さ。あー。
長い、実に長い。
やっとのことで、林道に出る。あとは、約8kmを走ればよい。
2011.08.13 Sat l 2011 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿