FC2ブログ
瑞浪の成果
IMGP0955_convert_20190406113032.jpg
【剱岳八ッ峰Ⅰ・Ⅱ峰間ルンゼ、今年の夏はここを詰めたい】

濡れるとスベる
前日は雨。
いったん止んだと思ったら、未明、強烈な雷雨。
真冬並みの強烈な寒波が原因らしい。
さて、どうしたものかと迷ったものの、瑞浪の岩場に行ってみた。
いやはや、濡れているとスペります。
乾いていれば、確信を持って立てるところも、ダメだこりゃ。
よい勉強になりました。

乾けばスペらない
それでも、日が差せば岩は乾いていく。
正午くらいに登ったクラックは、確信を持って立てた。
やはり、岩は乾いてないとアカンね。
よい勉強になりました。

瑞浪の成果
この冬のシーズンに通った成果は、確かにある。
まず、箸にも棒にも掛からなかったクラックの登り方が分かってきたこと。
クライミングの基本中の基本、腰を入れられる体勢を作るために足場が極めて重要だと分かった。
つぎに、スラブ。
ここでも、腰を入れることが重要。
自分の重心の位置を常に意識して立つことだと再認識。

次のステップへ
剱・穂高の岩を、自由に駆け登りたい。
本日までに、瑞浪の岩場で身に着けた技を「本チャン」の場で実践したいものだ。
そんなアルパイン登山を実現すべく、次のステップに駒を進めることにした。
南山ゲレンデをトップで登ること!
山で「自由」になるための、知識・技術・体力そして信頼できる仲間づくりに邁進して参りたい。
2019.04.06 Sat l 2019 l top