FC2ブログ
効果的トレーニングを考える
20181216_mizunami-003[1]_convert_20181223101018
【核心の一歩に向けてビレイ】

登山のための効果的トレーニングに関して、ランク付け。

<第三位>歩荷トレ
山に登るための下半身が、直接鍛えられますな。
山に登るとは、単純明快に脚力。
約30kgを背負って歩けば、かなりの負荷。
大腿四頭筋・腹筋・背筋などの大きな筋力はもちろん、腰やひざの周りなどの小さな筋肉も悲鳴を上げる。
中津川市内では、中津高校近くの旭ヶ丘公園あるいは東小からお寺に向かって伸びる急坂(密かに「卍坂」と命名)がトレーニングの適地。
ただ、難点は①大きなザックを背負っていると異様?②単調でモチベーション下、③苦しい。

<第二位>ランニング
〇〇大会に向けてという目標があると取り組みやすい。
あるいは、ラン仲間を作ること。
走る脚力と登山の脚力は、相通じるものがあると実感している。
ただし、トレーニングジムにあるランニングマシンは、脚力とはちょっと違うんではないかと感じている。
外で、長い距離を走ること!

<第一位>登山
登山のための最上のトレーニングは、登山そのもの。
それも、テント1泊以上の装備を担いでの登山がよろしい。
ようするに、あーだこーだ言う前に、楽しく山に登るべし!
気合の入った山仲間に感謝。
2018.12.23 Sun l 2018 l top