FC2ブログ
完走

【スタート1時間前、静かな熱気】

感無量のスタート
出走権を得てから、とにかく走りまくった。
特に、クソ暑い8月はタマランかった。
今年は1泊の山行を何度か繰り返したので、脚力の足しになったような気がする。
しかし、10月上旬に体調を崩して、2週間ほどまったく走れなかったことに不安がよぎる。
あれこれ考える中、スタート時刻が近づく。
高揚感が心地よい。
いびがわマラソンを走れるヨロコビに感無量。

7年ぶり
前回走ったのは2011年。
実に7年前のこと。
そのときの記録が3:55:30。
ギリギリで4時間切り。
しかし、今回は脚力の衰えは当然として、ひさびさの出走ということで、完走だけが目標。
とにかく、「歩いてたまるか」だけを心に誓った。

駄馬がゆく
「龍馬がゆく」[司馬遼太郎著]のパクリですな(ここ笑うとこだよん)。
順位や記録を競うのは、優秀なサラブレッドにまかせておけばよい。
私のような駄馬は、夕方のビールを楽しみにテクテク足を動かすだけ。

エベレスト
最初の10kmあたりまでは、極力ペースを落とすことを意識。
本日の調子は、まあまあかなの感触を得る。
20kmあたり、よーし、本日は行けそうだ。
私を抜き去るランナーのTシャツに目が釘付け。
エベレスト南西壁ではないか!
血が騒ぐ!
その方から発するオーラを感じる。
若干ペースを上げ、「エベレストさん」の背中にしばらく付いていった。
後から新聞を見れば、そのTシャツ着用の皆さんは、エベレストに逝った栗城氏の追悼ランということだった。
限界を勝手に決めず、挑戦を続けた氏の登山スタイルには以前から敬服。

忍耐・我慢・根性
フルマラソンの勝負所は、30km地点。
なんと、なんと、本日は脚力に余裕を残し、「30kmの壁」を通過!
うれしいじゃありませんか!
ヨロコビを感じつつ走り続ける。
しかし、やはりフルマラソンですね。
残り5kmあたりから、もうタマラン。
ただ、ただ、忍耐・我慢・根性だけの世界。
もうアカンと限界を感じる。
「歩いちまいなよ」と悪魔がささやきかける。
そこを何度もしのいで、ようやくのゴール。
バテバテの中にも、晴れやかな気分が心地よかった。

やっぱプレミアムモルツやね
帰宅後は、本日の成果をかみしめつつ、プレミアムモルツ(普段は「金麦」)。
たまらん!うまい!
完走の充実感で、こんなうまいビールはひさびさだ。

脚力向上!
いびがわマラソン完走への取り組みで、脚力の向上が図れたようだ。
マラソンと登山は、両方がんばれば互いに好影響を及ぼすに違いない。
ここ数年、山に登れる状況が整ってきた中、とにかく脚力である。
マラソンは、とりあえず一段落ということで、次のトレーニングは登山の脚力そのまんまの歩荷力だな。
ザックに30kgを詰め込んで、ウロウロ歩こう。
2018.11.17 Sat l 2018 l top