FC2ブログ
彼を知り己を知る

X線CT
この三連休前、親知らず治療のために、頭部のX線CTを受診した。
好天が続いた連休だったが、体調不良ということで、登山は控えることにした。
おかげで、たくさん本を読む時間がとれた。
「X線」というものに、大変興味を持った。
なぜ、我がスカスカ頭の中身が丸見えになるのか?
「X線が拓く科学の世界」(平山令明著)、「放射線のひみつ」(中川恵一著)、「放射線と放射能」(薬袋佳孝著)を立て続けに読みふける。
なるほど!の連発。
X線というのは「光」の一種なんですね。
我々が肉眼で見ることができる光は、可視光線と言われる、いわゆる虹の七色。
さらに、紫外線・赤外線は見ることはできなくても、その存在は何となく理解できる光。
そして、X線。この光は、何と体を突き抜けることができる光らしい。ただし、カルシウムは突き抜けられない。だから、X線写真ではX線を遮った骨や歯の「影」が映っているわけかぁ。
「光」があれば「影」がある。
すこぶる、納得。
X線のおかげで、我が治療は円滑に進んだことはいうまでもない。

原子力
X線をはじめとして、他のいくつかの「光」が放射線というグループを作っているらしい。
医療・工業をはじめ、空港のセキュリティーチェックなど、放射線は数々の場面で活用され、我々の生活になくてはならない存在。
そして、発電への活用。
原子力発電というだけで、表面的かつ感情的にキケンなモノと短絡的に考えていた自らの見解はいかがなものであったかと、読書中にふと反省した。
孫子の兵法にもあったなぁ。
「彼を知りて己を知れば、百戦してあやうからず」
正しい情報を自ら勉強することが、何より大切みたいだ。
もうちょっと、原子力に関する本は読んでみよう。

登山の向上
ひるがえって、山について考える。
山には、思いもよらないキケンがあるのは誰もが認めるところ。
だから、一番の安全策は最初から登らないこと。あるいは、レベルを下げたハイキング道をノンビリ歩くこと。あるいは、観光化された登山を続けること。
しかし、そうした緊張感を伴わないことは、何度繰り返しても進歩や向上は望めない。
前述の「孫子の兵法」が、よろしい。
登ろうとする山のキケンを事前に研究し、対処法を考えておく。
さらには、日頃から技量を磨き、体力をつけておく。
怖いと思う気持ちが必要で、十分な準備を怠りたくないものだ。
正しく怖がりたい。



2018.10.08 Mon l 事故から学ぶ l top