FC2ブログ
仙丈岳

【はるかなる南アルプス山頂】

1日目
5:30中津川⇒7:20仙流荘7:55(バス)⇒8:55北沢峠⇒9:15テント場(テント設営)⇒10:00テント場⇒12:25双児山山頂12:53⇒14:30北沢峠14:34テント場⇒就寝20:00
2 日目
起床2:00 /3:00テント場二合目3:50⇒四合目4:44⇒大滝頭5:13⇒六合目5:40⇒6:25小仙丈ケ岳⇒7:00八合目⇒仙丈小屋分岐7:20⇒7:55仙丈ケ岳山頂8:12⇒8:29仙丈小屋分岐⇒8:40仙丈小屋⇒9:08仙丈小屋分岐⇒9:25⇒10:20六6合目⇒10:38大滝頭⇒10:55四合目⇒11:08 三合目⇒11:36 二合目⇒12:00テント場登山口 ⇒12:09テント場⇒12:30テント場⇒12:55バス⇒13:40仙流荘(お風呂・食事)⇒17:00中津川

夏山合宿のトレーニングで、木曽駒、恵那山を予定していたが両方とも天候不順で中止となり、本年の最初の本格的山行となった。
メンバーは5人。
北沢峠からテント場までは、10分の下りであり、すでに多くのテントが乱立していたが撤収する人のテントをまってテントを張り、場所としては最適な場所となった。

<1日目>
トレーニングで双児山まで登る。
先日までの台風の影響で空気が澄んでおり、山頂では東駒ヶ岳が大きくきれいに見えた。
<2日目> 
昨日は20時に就寝したが寒くてほとんど眠れなく、早く2時にならないかと思いながら眠る。
久しぶりの早朝出発であり、予定通り3時に出発できた。
ヘッドライトでの歩行は、闇の中から何か出てくるのではないかと思いながらの木々が不自然にざわざわすると不安な歩行となった。
明るくなり、歩行するルートが見えるとガックリするくらい長い道のりが見えて、途方に暮れる。
仙丈小屋分岐からここを登ると頂上と思いきやまだ先がありスピードが落ちる。
予定より15分遅れで仙丈ケ岳に到着、休憩し写真をとり下山、トイレ休憩で仙丈小屋を
出発したときには、予定より30分以上遅れており13時のバスに間になわないか心配になる。
下山は、一気に降りた、「地球の重力に90Kオーバーの体重が引っ張られ」、気持ちはゆっくり歩くつもりがスピードが増して予定より30分早くテント場に着いた。
中国人・韓国人が多く、No1富士山・ No2北岳・No3間ノ岳が一度に見えると興奮していた。
テントキーパーがテントを撤収してくれていたので、早急にバス乗り場に行き混雑しているなか、バスに乗り仙流荘へ・・・・。
久しぶりの夜間登山、夏山合宿であり、興奮した。
またやりたいな



2018.08.26 Sun l 2018 l top