付け替えた膝関節で

【四ツ目川遊砂工公園の大石】

昨年11月1日に、両膝を人工関節に置き換える手術を受けた。
以降、リハビリ=筋トレを続けている。
登りは殆ど違和感がないが、下りや平地歩行では膝がコツコツと響くので、ロボットみたいだナァと思いながら歩く。
ほぼ半年経った5月連休には、会の仲間たちと穂高岳沢へ行き、31日には恵那山登山道の下刈りで標高差約700mの所まで行って来た。
平地では、ほぼ1日おきに自宅から標高差約200mの四ツ目川遊砂工公園の最上部まで35分ほどで登って行き、帰路資料展示施設付近で11種類の筋トレをして戻って来る。
この内約8割は下半身の強化で、後は腹筋と背筋強化など。
これ以外の日は自宅で同じ筋トレをやる。
体調が悪かったり、気分が乗らなかったりする日はお休みにする。
今日6月6日は、小雨の中を雨具を付けて遊砂工公園へ行ってきた。
ここには大小の石がある。
ロッククライミングの基本姿勢やバランスのトレーニングにはなるが、人工関節の膝はどうしても可動域の制限が付いて回るので、まだまだキツイ事はできない。
でもゆっくり慣らし、基礎的な力を戻し強化して高所登山の実現を目指したい。
初見で即手術を!と勧めてくれたH先生。
手術していただいたS教授。
応援してくれた山仲間友人知人そして家族に感謝しながら登り続けて行きたいと思う。
      (宮下征夫)
2018.06.06 Wed l 2018 l top