新ルート発見

【何と、ここも登れるのか】

意欲的な活動
南山ゲレンデに続いて、場数を踏もう。
そこで今回は、瑞浪。

新ルート
ここには何度も通ったつもりでいた。
しかし、今回、新ルートを二つ発見してしまった。
一つは、写真にあるルート。
「アイキャッチャー」の裏にあった。
前々から知っていたところだったものの、今回、ボルトが打ってあることを発見。
さっそく、登ってみた。
お手頃なグレードで、たいへん楽しく登れた。
もう一つは、下山に使った道の左手にあるルート。
木陰の中にひっそりとたたずんでいる。
トポを見れば、「有希子の想い出」。
昭和臭がプンプンする、そのルート名がうれしい。
しかしながら、私の手には負えない高難度なカンテ。
2018.06.03 Sun l 2018 l top