下刈り
遏ウ讌闃ア_convert_20180603092206
【ふと登山道脇を見れば、満開の石楠花】

山行日:5月31日
天候:曇り後雨
参加者:L前橋ほか会員4名。会友1名計6名

いつ雨になってもおかしくない曇天の中を出発。
追分登山口で、安全確認と作業手順を確認。
大判山までまず登り。その後、2班に分かれて作業することにして登り始めた。
大判山で班編成をする。草刈り機2台と、刈り取った笹の片付けに1名を1班とした。
1班は天狗の頭を超えて、出来れば分岐への急登の始まる所まで行き、戻る形で作業開始を予定。
2班は大判山から進んで行く。
10時30分の交信で、1班が予定通りの地点から作業を開始すると連絡が入った。
11時近くから雨は本降りになり、キツイ作業となった。
13:45両班は合流し、本日予定の刈り払い作業は終了した。
1班はみぞれ交じりの雨に降られ寒い作業だった。
14:05下山開始、途中1名が足を取られ熊笹の斜面に1回転して突っ込む場面があった。ヒヤリハット事例として、見過ごせない状況であった。
詳細は山行報告書に対策とともに記載し、全会に徹底する。
今回は今年2回目の作業となり、草刈り機の使用に慣れた会員が4名と1名の会友が参加してくれて、作業は厳しい条件の中であっても、予定区間を超えて作業を終了できた。
次回は6月3日、更に多くの仲間の参加が望まれる。

<コースタイム>
市役所河川敷出発06:00  追分登山口着06:50同発07:05
大判山着08:45作業開始 天狗の頭手前合流13:45同発14:05
大判山着14:45同発14:55 鳥越峠着15:50同発16:00
追分登山口着16:30 同発16:50 市役所着17:30
                          (宮下記)
2018.06.03 Sun l 2018 l top