FC2ブログ
新旧ANASAZI

【5.10のANASAZI。右側にご苦労さん、左側にヨロシク頼むぜ。】

出費の嵐
ここ半年ほどで登山道具をかなり買った。
大物としては、モノポイントアイゼン、バイル2本、サングラス、そして写真のクライミングシューズ(青い方)。
合計10万円以上。
短期間に、これだけの出費をしたのは何十年ぶりか。
クレジットの明細を見るとトホホなものの、ワクワク感への投資としては納得。

なぜ、ANASAZIか
クライミングシューズに関しては、今回の購入で6足目かと思う。
そのうちで、痛い失敗もあった(ホントに足が痛い)。
ターンインといって、つま先が曲がっている靴が大失敗。
つま先に体重を乗せやすいので、細かい所にバランスよく立ち込めるという野望があった。
試し履きのときは、ややきつめでちょうどよいかと思っても、いざ履き続けると、足が痛くてタマラン。
要するに、私の純日本人的足型である「幅広」には不向きな靴だったのだ。
ANASAZIは、そんな私の足型に向いている靴らしい。
だから、再購入。

チャレンジ
さて、新ANASAZIでの日曜日のクライミング。
付き合っていただいた方に、感謝・感謝・感謝。
すっかり春になった岩場で、楽しく登れました。
今回は、実に爽やかなクライマーに遭遇。
失礼な言い方になるかもしれないが、リードする動きがたどたどしい。
クリップのときには、見ている方がハラハラ。
聞けば、本日が数回目のクライミングとのこと。
よく見聞きするのは、トップロープで何度も何度も練習して確信を持てたら、いよいよリードにチャレンジ。
しかし、始めたばかりで一気にリードをする斬新な発想は一理あると感じた。
「こえ~、こえ~(こわい、こわい)」を連発で叫んでおられる(その気持ちメチャメチャ分かるぜ)。
思わず応援せずにはいられない。
トップロープで横を下る私は、思わず「がんばってください。ナイスファイト!」と声をかけてしまった。





2018.03.21 Wed l 2018 l top