FC2ブログ
反省ばかりの沢登り

【激流に恐怖】

行動 初日/畑薙第一ダムP→第二ゴルジュ上流ビバーク地
    二日目/同上→稜線に近いビバーク地
    三日目/同上→稜線→茶臼岳→畑薙第一ダムP

天気 三日間とも曇ときどき雨

真剣たれ
この山行から一ヶ月が経過しての投稿である。
ようやく、自分なりの結論が整理できてきた。
真剣さが足りないのである。
甘い考えは仲間と、そして自分自身を窮地に陥れることを痛感した沢登りであった。 
本当に、仲間の援助に感謝あるのみ。 
教訓1/現在の自分の実力を判断するため、3年以上前の山行は考慮しない。勘違いするから。
教訓2/山に行くことが、最良の山のトレーニング。長い距離をスピーディーに歩ける能力!山への精進を続けたい。
教訓3/新しいことに躊躇しない。山とは、何か。未知への知的好奇心であることにブレはない。「山」で決着をつけたい。
教訓4/軽量=安全を本気で考えているのか?無意味なスタッフバッグ、無意味なペットボトル・・・。ほんの数10gだから・・・。何も考えていない思考停止。
以上、「楽しい登山」をするため、自分自身への反省として、ここに記す。

でも、いいこともありました 
20170916161404_convert_20170916161858.jpg
【焚火の夜】
反省点ばかりの沢登りだった。
でも、少しはいいこともあった。
25cmクラスの岩魚の入れ食い、そして焚火での塩焼き。
2017.09.16 Sat l 2017 l top