FC2ブログ
まずは、前尾根

【帰路、裏道登山道から前尾根を仰ぎ見る】

残雪にビックリポン!
本日のパーティー分けは、「基本確認組」3人と「チャレンジ組」3人の2パーティー編成とした。
私は、基本確認組でトップを引く。
好天の予報だったのに、本日は終日曇り。風が冷たい。
取付下の藤内沢には残雪があり、ビックリポン。寒いわけだ。

基本確認orちょっとレベルアップ
クライミングを始めて間のない人、あるいは少々レベルアップをしたい人。いずれの人にも、まずは前尾根。
P7ノーマルルートの正規ルートであるクラックは、チャレンジ組に譲る。
我々基本確認組は、待ち時間削減のスピーディーな行動を意識して、P7は飛ばす。
P6少し手前でザイルを結び、本日のクライミング開始。
P6、リッジルートを快調に進む。
P5、ノーマルルートを快調に進む。
P4、我々は凹角ルート一番左のチムニーを無難に通過。一方、チャレンジ組はレイバックの難ルートに果敢に挑み、山々に悲鳴を放っている。その苦難を想像し、涙。
P3、Aスラブ・Bスラブのやさしいスラブを登り、最後のCスラブは左寄りに進めば、本日の終了点。
小一時間、チャレンジ組を待ち、P2ヤグラ下で大休憩。
合流後は、ガレた下降路を裏道登山道に下り、楽しく本日のクライミングを終えた。
2017.05.04 Thu l 2017 l top