FC2ブログ
納涼!沢登り

[コースタイム]9:30樽ヶ沢出合-13:00林道交差点-14:00林道経由で出発点到着

DSC_0742_convert_20190916120246.jpg
【流れも清き樽ヶ沢】

納涼
こう暑くては、沢登りしかない!
ということで、沢登り。
清らかな流れを希望ということで、阿寺川支流樽ヶ沢をチョイス。
写真のように、実に清らかな流れを満喫できた。

DSC_0755_convert_20190916120202.jpg
【絶叫が木霊する】

滑り台
ナメ滝があった。
いい年をした「少年」たちが、順番に並んで滑り台に興じる。

DSC_0807_convert_20190916120128.jpg
【最後の「冷却」】

楽しかったねえ~
程よい緊張感と、程よい疲れ。
それより何より、気のおけないゆかいな仲間たちと一日遊べた。
林道交差点に到着。
実に楽しかったねえ~。
あとは、林道をテクテク下山するだけ。
十分に体を「冷却」して、下山に備えた。

次のワクワクへ
木曽営林署管内の案内看板が、樽ヶ沢出合Pにあった。
見れば、鰔川(うぐいがわ)の写真がある。
阿寺川から尾根一つ超えた、すぐ北にある川。
その上部ゴルジュ帯の写真に、実に興味をそそられた。
花崗岩の白い絶壁に挟まれたゆるやかそうな流れを、泳ぎ登れそうだ。
来年の初夏にはぜひ行こうぜ、という話になった。
とてもワクワクする。
2019.09.16 Mon l 2019 l top
私の魂はビールとトンちゃんを求めていた

【黄金のタッグ】

暑い!暑すぎる!
9月の猛暑は、実に体にこたえる。
でも、いびがわマラソン、ひいては登山の体力維持のために走らねば。

私の魂は駅前に吸い寄せられた
とぼとぼと、2時間ほどのラン。
思考能力というものは、ほぼなくなっている。
我がスカスカ頭の大部分は、ビール、トンちゃん、ビール、トンちゃん、ビール、トンちゃん・・・・・。
リフレインが悲し気に叫んでいる。
私の魂は、ついふらふらと駅前に向かった。
そう、焼き肉屋だ。
「生大とトンちゃん1人前!」
速攻で運ばれてきた。
一気に半分ほどを飲み干し、生き返った。
ランと一人焼肉。
クセになりそうだ。
2019.09.16 Mon l 2019 l top
皆でクライミングしましょう

【今年も盛会でした】

滝汗
クソ暑い中、伊木の岩場で岩登り講習会。
どれくらい暑いかというと、一番人気のルートを登ったところ、超滝汗。
半分登っただけで、暑さに耐えかねて下りてきた。
こりゃ、クライミング再開は、まだまだ先だな。

ようこそ、クライミングの世界へ。
この講習会参加の主力は、これからクライミングを始めたいと希望してみえる皆さん。
もうちょっと、涼しくなったら、ぜひ私も一緒に登らせてください(ヨロシク~)。
意欲ある人と関われるのは、私も楽しくなってきます。
あまり難しいことは考えずに、楽しくやりましょう!
2019.09.07 Sat l 2019 l top
ほんまかいな
新聞の天気予報を見ると、秋雨前線停滞中とある。
ってことは、この雨が上がったら、秋っていうことか?
ほんまかいな?
昨今の気候を考えれば、少なくとも9月いっぱいは「夏」だわな。
つまり、8月24日(土)から青空を見んということは、「第二梅雨」と定義してもよろしいのでは?
穂高の夏山でも暑い!
ましてや、低山は「熱帯山」。

激走
雨の切れ間をぬって、ラジオを聞きながら、長い距離を走る。
ドラゴンズも残り試合が少なくなってきた。
本日の試合は、延長10回、我らが誇る防御率0.00の抑えピッチャー登場。
2アウト1.2塁のピンチで、相手打者はトリプルスリー選手。
絶体絶命のピンチを、今まで通り切り抜けてくれと応援。
ここで打たれたら、我が身に3分間の全力走を課すことを誓う。
結果、スリーラン。
3分間の激走で、クラクラした。
2019.08.31 Sat l 2019 l top
お~、ドラゴンズ

【やっぱ、生の迫力はいいねえ~】

ナゴヤドーム
対ジャイアンツ戦を観戦する機会を得た。
普段はランニングをしながら、デーゲームのラジオ放送を聞くことはよくしている。
でも、聞くと見るでは、雲泥の差。月とスッポン。
目の前で繰り広げられる竜戦士の活躍に興奮MAX!
さて、強引に「山」に結び付ける。
プロの美技は実際に見てこそ、腹の底から感動できるもの。
山も実際に登ってこそ、腹の底から感動できるもの。
登頂!という一瞬のヨロコビを永遠の記憶に残すために、登山の大部分を占める苦しい「歩き」に耐えて参りたい。

中京競馬場
今年の夏は、我が人生初の競馬をする機会を得た。

競馬に対する私のイメージは、「こち亀」の両津勘吉氏か「走れコータロー」程度のモノ。
いずれも、オジサンたちが大金目当てに目を血走らせて、競馬新聞に赤鉛筆で何やら書き込みをしているイメージ。

しかし、しかしです。
実際の中京競馬場は、最初から偏見に満ちた見方しかしていない私のイメージとはまったく異なっていた。
競馬愛好家の皆さん、ゴメンね。
実に、老若男女さまざまな皆さんがいらっしゃる。
床に座り込み、競馬新聞に赤ペンチェックを入れている小学生もいた。
素晴らしい英才教育である。

さて、私は競馬の基礎から学ぶため短期速攻セミナーを受講。
馬券の買い方を学んだ。
なるほど、マークシートに書き込んで、券売機にお金と一緒に入れりゃいいわけね。
セミナーでは、競馬新聞の見方に始まり、パドックでの馬の見方、レース観戦の仕方、そして当たり馬券の払い戻し方法まで教えてくれた。
初心者に対して、至れり尽くせりの親切対応がウレシイ。
よしっ!
競馬のハウツーは分かった。
実際に自分でもやってみよう。

馬券は100円単位で買うことができる。
初の馬券ということで、まずは100円を賭ける。
1・2レース目はハズレ。
しかし、3レース目に当たり馬券!
やったぜ!
嬉々として、払い戻し機に馬券挿入。
チャリンと130円が出てきた。
気をよくした私は、ここは男度胸の一発勝負!に出ることにした。
倍増の200円分馬券を購入!
てなことで、都合6レースを楽しみ、一日けっこう遊べた。

さて、強引に「山」に結び付ける。
競馬などのギャンブルは、ほどほどにが大切なのは今更の感。
山のジャンルで登山道を夏、歩くことは「けっこうなご趣味で」と世間の皆様は思っていただける方、圧倒的多数。
でも、アルパインクライミングのレベルになると、「まあ、家族は心配せんの?遭難するとお金かかるやらあ。アブナイことせずに、気を付けてね」と、たいていの方は心配してくださる。
実際、アブナイことをしている自覚はあるのだから、ギャンブル同様、ほどほどが大切ということか。
ギャンブルもアルパインクライミングも、根は同じ道楽の一種。
まあ、足腰がしっかりしているうちは、がんばろう。
2019.08.23 Fri l 2019 l top