fc2ブログ
完走

【スタート1時間前、静かな熱気】

感無量のスタート
出走権を得てから、とにかく走りまくった。
特に、クソ暑い8月はタマランかった。
今年は1泊の山行を何度か繰り返したので、脚力の足しになったような気がする。
しかし、10月上旬に体調を崩して、2週間ほどまったく走れなかったことに不安がよぎる。
あれこれ考える中、スタート時刻が近づく。
高揚感が心地よい。
いびがわマラソンを走れるヨロコビに感無量。

7年ぶり
前回走ったのは2011年。
実に7年前のこと。
そのときの記録が3:55:30。
ギリギリで4時間切り。
しかし、今回は脚力の衰えは当然として、ひさびさの出走ということで、完走だけが目標。
とにかく、「歩いてたまるか」だけを心に誓った。

駄馬がゆく
「龍馬がゆく」[司馬遼太郎著]のパクリですな(ここ笑うとこだよん)。
順位や記録を競うのは、優秀なサラブレッドにまかせておけばよい。
私のような駄馬は、夕方のビールを楽しみにテクテク足を動かすだけ。

エベレスト
最初の10kmあたりまでは、極力ペースを落とすことを意識。
本日の調子は、まあまあかなの感触を得る。
20kmあたり、よーし、本日は行けそうだ。
私を抜き去るランナーのTシャツに目が釘付け。
エベレスト南西壁ではないか!
血が騒ぐ!
その方から発するオーラを感じる。
若干ペースを上げ、「エベレストさん」の背中にしばらく付いていった。
後から新聞を見れば、そのTシャツ着用の皆さんは、エベレストに逝った栗城氏の追悼ランということだった。
限界を勝手に決めず、挑戦を続けた氏の登山スタイルには以前から敬服。

忍耐・我慢・根性
フルマラソンの勝負所は、30km地点。
なんと、なんと、本日は脚力に余裕を残し、「30kmの壁」を通過!
うれしいじゃありませんか!
ヨロコビを感じつつ走り続ける。
しかし、やはりフルマラソンですね。
残り5kmあたりから、もうタマラン。
ただ、ただ、忍耐・我慢・根性だけの世界。
もうアカンと限界を感じる。
「歩いちまいなよ」と悪魔がささやきかける。
そこを何度もしのいで、ようやくのゴール。
バテバテの中にも、晴れやかな気分が心地よかった。

やっぱプレミアムモルツやね
帰宅後は、本日の成果をかみしめつつ、プレミアムモルツ(普段は「金麦」)。
たまらん!うまい!
完走の充実感で、こんなうまいビールはひさびさだ。

脚力向上!
いびがわマラソン完走への取り組みで、脚力の向上が図れたようだ。
マラソンと登山は、両方がんばれば互いに好影響を及ぼすに違いない。
ここ数年、山に登れる状況が整ってきた中、とにかく脚力である。
マラソンは、とりあえず一段落ということで、次のトレーニングは登山の脚力そのまんまの歩荷力だな。
ザックに30kgを詰め込んで、ウロウロ歩こう。
2018.11.17 Sat l 2018 l top
前半の部終了

【黒部・水平歩道。写真真ん中あたりの人物が、お分かりになるだろうか】

よく歩いたなあ~
今年は、6月戸隠連峰西岳を皮切りにして、7月白馬岳、8月剱岳八ッ峰、10月黒部下の廊下と、よく歩いたなあ~。
少々残念なのは、9月の南ア深南部に参加できなかったこと。
これさえクリアしたら、パーフェクトだっただけに、少々心残り。

水平歩道
どの登山も充実し、楽しかった。
これも、一緒に登ってくださる方あってのこと。
感謝、感謝、とにかく感謝。
その中で一つ、写真にある水平歩道がよかった。
断崖絶壁に延々と続くオソロシイ道を、よく歩いたもんだと感慨にふける。

高熱隧道
この水平歩道を歩くにあたっては、「高熱隧道」(吉村昭著)は必読の書である。
実際に歩いた後読んでみれば、随所に出てくる地名が実感を伴って思い起こされる。
深く切れ込んだ様相が壮絶な志合谷、折尾谷。
今回通過したときも、トンネル内に熱気がこもって異様な空気の仙人谷ダム。
「泡(ホウ)雪崩」のすさまじい威力で宿舎が500m以上飛ばされて、たたき付けられた奥鐘山西壁。
登山で「体」はヘトヘトになり(3日後まで足の筋肉痛)、さらに文学で「頭」も刺激を受け、心身ともに満足ですな。
山に関する文学は知的好奇心も刺激して、たいへんよろしい。

後半戦に向けて
さて、来週に迫った「いびがわマラソン」。
我が脚力の試金石となる。
完走を果たして、積雪期登山やクライミングにつなげたい。
岩・雪・氷、登攀すべし!
2018.11.03 Sat l 2018 l top
黒部川・下の廊下

【断崖絶壁にくり抜かれた「コの字型」道を歩く】

はぁち時ちょおぅどの
8:00、扇沢駅発のトロリーバスに乗車。
仲間の鼻歌。
「♬はぁち時ちょおぅどの トォロリーバァスで 私は 私は 黒部へと 旅立ちぃます~♬」(「あずさ2号」by狩人)
ワクワクする、ゴキゲンな二日間の始まりである。
しばらくして、黒部ダム下車。
急な道を川底に下り、黒部ダムの威容を間近に見ながら、黒部の山旅のスタートを切る。


RIMG0325_convert_20181015214004.jpg
【丸木橋の空中散歩。数百m下に黒部川の激流】

下は見るな
とにかく、欅平駅までの約30km、写真のような道が延々と続く。
これを2日間かけて歩こうというコースである。
道はおおよそ水平。
しかし、一歩間違えれば、数百m下の黒部川に真っ逆さまという状況が続くのがオソロシイ。
「前だけを見て、前だけを見て。下は見るな、下は見るな」と自分に言い聞かせて、慎重に一歩一歩を進める。
特に、白竜峡という所の通過は、ここで落ちたら滑落どころか、超激流で溺死だろうなと考えてしまう。
緊張の連続の中、初日は16:00阿曽原温泉着。

仲間に感謝
高度感と激流に、恐怖感はある。
でも、こんなにすばらしい黒部の山旅に誘ってくれた仲間に、心から感謝。

RIMG0306_convert_20181015214049.jpg
【阿曽原温泉】

高熱隧道
さて、本日のお宿は阿曽原温泉。
さすが、黒部の人気コースだけあって、大勢の人がキャンプ場にも阿曽原温泉小屋にもいる。
17:00からの男性入浴タイムに行ったところ、これはスゴイという光景を見てしまった。
本日の阿曽原泊の大半の人が、この時間に殺到したのだろうか。
なんと、写真のような約2m×4mの浴槽に、ざっと数えただけでも20名以上が入浴中。
皆、体操座り。
浴槽のほぼすべてが肌色となっており、異様な光景である。
とても入り込む余裕はないのでしばらく間を開けようと、近くのトンネルにシートが張ってある中をチラッとのぞいてみた。
すると、どうだろう。
まさしく「高熱隧道」の熱気。
天然のサウナではありませんか。
トンネル内に入ると、ものの数分で噴き出す汗。
リフレッシュできたなぁ~。
風呂上がりのビールが格別だったことは、言うまでもない。

思ひ出
二日目は、5:30発。
白々と夜が明ける頃、再びほぼ水平の道をまた歩き始める。
この辺りは、学生だった頃、高山植物保護のアルバイトで何度か通ったことのある道だ。
その頃の「思ひ出」がよみがえった。
一生懸命だったなあ。
11:00には欅平駅着で、今回の登山終了。
他会にいようと、温かく受け入れてくれる心広い仲間に恵まれ、本当に楽しい山行ができた。
2018.10.15 Mon l 2018 l top
ちょっとはお役に立てたかなぁ~

【剱岳八ッ峰】

余韻まだ続く
剱岳八ッ峰は、実によかった。
今だにその充実感に浸っている。
写真左の、実に細いコル。
ここに到達できたことで、八ッ峰完登が果たせたんだなあ~。
ちなみに、その裏側はチンネに続くであろう通行不能と思われる断崖絶壁。

皆様のために
そして、本日は県連岩登り講習会。
この日のために、渾身の資料を作成した。
私のつたない、ほんの少々アルパインをかじったくらいの経験上のものでオハズカシイ。
クライミング道具の選択から、ザイルのしまい方まですべてを網羅することを意識した。
その資料をもとに、まずは小一時間の説明(クライミングのほぼすべてを実演交えてこの「短時間」で伝えたつもり)。
次は、平場で懸垂下降とビレイの実地練習の反復繰り返し。
学ぶ意欲がある人たちが集まっているだけに、教える立場としてはとてもやりがいがある。
昼食後の午後は、実際の岩場で体験クライミング。
本日、岩に「触るのは」初めてという方がみえるのはとてもうれしいこと。
山の基本は、まずワクワクやからね。
新しいことに挑む、その志やよし!
つたない講習会でご迷惑をおかけしたかと思うが、山に登りたい方のお役に立てたら、けっこううれしいぜぇ~。

[当面の目標]
丸盆岳まであと14日。
山の酒飲み大会まであと48日。
いびがわマラソンまであと70日。




2018.09.02 Sun l 2018 l top
山登りの原点

【思ひ出多き長次郎雪渓】

本年度一の成果の余韻
今なお、剱岳八ッ峰クライミングの余韻に浸っている。
長次郎雪渓の「雪の旅」、そして八ッ峰の「岩の旅」。
両方、同時にできる「岩と雪の旅」。
何と、ワクワクする組み合わせのことか。
山登りの原点が、そこにあるように思えてならない。
小難しい理屈は、イヤですね。

打合せ、入念な準備
そして、本日はクソ暑い中、来週の日曜日に迫った県連岩登り講習会の事前打ち合わせ。
場所は、当日会場の伊木岩場。
今年は、クライミング初心者の方のために、今更聞けないクライミングのイロハを意識して講習することになった。
例えば、懸垂下降でザイルを握る手の正解は右手?左手?など。
どうして、〇手?
スパッと一言で、理由は述べたい。
小難しい理屈は、イヤですね。

ワクワクの深南部
さて、次の目標は「深南部」となった。
中津川からとても近い距離にありながら、今まで考えもしなかった山域。
丸盆岳なるアヤシげな山名に今からワクワク。

[当面の目標]
県連岩登り講習会まであと7日。
丸盆岳まであと21日。
いびがわマラソンまであと77日。

2018.08.26 Sun l 2018 l top