fc2ブログ
そろそろ、サブくなってまいりました

本日は雨。
ヤマ方面は、本日休業。

ダッチオーブンで、日がな一日モツ汁を作る。
材料は、大根・人参・ショウガ・こんにゃく、そしてモツと豚肉。仕上げに、長ネギ。
七輪でコトコト煮ると、鉄のフタで圧力がかかり、それはそれはやわらかーく仕上がりますな。

ダッチオーブン料理は、キャンプの定番。
ピザもよし、丸鶏のお粥もよし・・・・。
よき仲間とともに、野外宴でウマい酒とともに舌鼓を打ちたいものだ(どんな音だぁ?)。
2016.11.19 Sat l 2016 l top
「寂しさに 宿を立ちい出て 眺むれば いずこも同じ 秋の夕暮れ」
なんちゃって。

秋の夕暮れというのは、何かと哀愁ただようものであります。

そんな悲哀を込める今日この頃。
12日(土)瑞浪岩場の充実したクライミングの帰路。
雲一つない快晴の下、東に満月前の佳き月、西に紅い落陽の斜光の中、下山の途についたのでありました。

遠方からの方でしょうか。
まだ、本格的にクライミングしてみえる方がおいでになります。
近づくにつれ、その方がスピーカーから流してみえる音楽が聴こえてまいりました。

🎵落ち葉の舞い散る停車場は 悲しい女の吹き溜まり🎵

何やら聴き覚えのある歌ではありませんか。
昭和です。
とてつもなく昭和の奥村チヨ氏の名曲「終着駅」であると、とっさに分かってしまった私が、妙に悲しかったものです。

ビレイしている方の横を通過中、その名曲のサビの部分が耳に入りました。

🎵一度離したら 二度とつかめない🎵

奥村氏の場合は、その対象が「愛」のようです。
しかし、岩場にいる私には、それが岩の突起、すなわちホールドと、とっさに思われてしまったのです。

私が、コブシを利かせて口ずさめば、ビレイ中の方も思わず爆笑。
私も爆笑。
みなさん、You Tubeで検索してみてくださいね。
    
2016.11.14 Mon l 2016 l top
さらなる精進を誓う

なるほどの連続
今日も、瑞浪岩場。
大勢の仲間が集まった。
そして、いつもの土日に比べ、人出が少なめ。
3ヶ所にトップロープを張り、次々と登り込むことができた。
本日も師と仰ぐ実力派クライマーのご指導に、目から何枚ウロコが落ちたことか。
ムーブに関しては実に理論的かつ端的なご指摘があるので、実に分かりやすい。
私もときどき発してしまう「ガンバ」などの精神論は、何をどうしたらよいかさっぱり分からないので、やはり理にかなった言葉で表現できるように、さらに勉強せねば。
道具に関しても、クライミングシューズの素材に関して「なるほど!」とうなってしまったりした。

ヤジロベー
師のクライミングを見ていて、これはヤジロベーに違いないと感じた。
特徴的なムーブでは、片足の親指一ヶ所だけに力を込めた左右のバランスだけで立っておられるというお姿を何度も拝見した。
それは、まさしくヤジロベーそのもの。
ぜひとも習得したいテクである。

楽しいね
大勢でクライミングできるのは、実に楽しいね。
会話が弾み、ありえないムーブに爆笑が起こる。
そんなよき一日を過ごせば、あとは当然充実のプレミアムモルツ&茹で落花生。
               

2016.11.13 Sun l 2016 l top
爽快な山道走り

【実に美しい公園内のゴール】

走旅
アルパインの本質は、未知・未踏へのあこがれ。
いわば、「岩旅」。
山道を走るというのも、未知へのあこがれ。
いわば、「走旅」。
めまぐるしく変わる地形や景色の中を突っ走るのは、痛快の極み。
今回は、岡崎で行われたトレランの大会を走ってきた。
空は乾き切った快晴!
気分はカリフォルニア(行ったことないけど)!

おそるべし岡崎
岡崎といえば、家康公生誕の地。
彼は、このあたりで鷹狩りなんてしたのかなあ・・・と、夢想しつつ走り続ける。
岡崎市街地に隣接して、このような素晴らしい山道が縦横無尽に続いていることにオドロキ。
うらやましいぜ、岡崎市民の皆さん。
そして、発着点となる運動公園の充実した設備に、おそるべし岡崎を見て取った。

突っ走る
里山に設定されたコースなので激坂が少なく、かなりの区間を走り通せた。
爽快な山の走りを満喫した後のゴールは、写真にあるような数百m続く街路樹通りの最終地点。
まるで、シドニー(行ったことないけど)オリンピックの高橋尚子選手になったような気分でゴール前を突っ走れたのが、実に気分よい。
実に気分がよいので、こんな日はプレミアムモルツ。
ちなみに、明日からの平日はまた「金麦」生活に戻る。
             
2016.11.06 Sun l 2016 l top
よい勉強になりました

先週末のひさびさのクライミング。
数えてみれば、5月末からの5ヶ月間も遠ざかっていた。
夏の猛暑、9月から10月の長雨が原因。
来年は、このブランク解消を工夫せねば。

さて、本日は抜群の力量を持つ仲間から、数々のことを学んだ。
中でも、クラックの技は目からウロコ。
足をねじ込む位置の見定めと、膝の角度は重要やねえ。
充実した秋の1日を過ごせた。
感謝!

そんな日は、こんな日にしか飲めないプレミアムモルツ。
ここんとこの定番、茹で落花生とともに。
         
2016.10.31 Mon l 2016 l top