FC2ブログ
雪の何たるかを恵那山で学ぶ2012_1229蜑榊ョョ0001_convert_20121230163045
【微風快晴、絶景の尾根をたどる】

参加者:中島・田口・宮下ひ・成瀬・藤田

12月29日(土)
コースタイム 6:00川上恵那神社P~15:30頂上小屋手前200m付近

5:00今回のメンバーが定刻どおり市役所集合。6:00川上恵那神社をスタートできた。まだ、ヘッドランプが必要な時間帯。
トコトコと林道を2kmほど歩くと、正ヶ根谷対岸に前宮道登山口がある。
よく整備された登山道を黙々と登る。
小さな沢(対東沢)を対岸に渡り、本格的な急登が始まる。
標高1500mを過ぎたあたりから、ようやく足下に雪が現れる。
歴史を感じさせる中の小屋跡の平らは広い。積雪はまだ数cm。テント泊可能。
標高1801mの八右門の頭を越えたあたりから、本格的な雪道となる。
古(いにしえ)のトレールランナー?役小角像前通過。
ここからの尾根道が、このコースの佳境である。
根の上高原の湖が間近に見えるのはこのコースならではの絶景。
名古屋の街も遠望できる。
北方に目をやれば、御岳・乗鞍岳・槍穂高岳。
微風快晴、春のような暖かさ、超絶好の天候。前日の雨でしまっている雪。実に快適な登山。
スムーズすぎて、ふと思う。
「山」らしくない!
これでは、雪の何たるかを学べないではないか!
しかし、それも杞憂に終わることが頂上稜線に近づくあたりから判明した。
頂上稜線直下の平坦地あたりからきついラッセルが始まった。
積雪はおよそ80cm程度、ところによりそれ以上。
成瀬くん・宮下くんの奮闘で前進を図るも、とたんにスピードダウン。
今回は雪とたわむれるため、あえてスノーシューズを持参しなかった。ズブズブと足がもぐる。
腰あたりまである積雪は、前進を困難にすることを参加者一同学ぶことができた。
頂上稜線末端に到達して、さらにスピードダウン。
12月末にも関わらず、この標高で0℃を超えているらしい。木に積もった雪が解けて、雨のように降ってくるのには閉口した。
ようやく神坂道分岐を通過した後も、長い長いラッセルが続く。
GPSで調べれば頂上小屋までかなり接近していることが分かる。
タイムリミットとしていた15:00を30分オーバーして、頂上小屋まであと200mの地点でこれ以上の前進はやめるべきと判断。
よくここまで来たとお互いの健闘をたたえつつ、テント場の準備をした。

12月30日(日)
コースタイム 8:15テント地~13:00川上恵那神社P

夜半、風の音がうるさい・うるさい。
おまけに雨音。
夜明けに起床して、夕べ到達できなかったキムチ鍋ラーメンで朝ラー。
出発時は小粒の雪だったのが、徐々に雨に。
憂鬱な雨、長い長い下山だった。
登りの時にはほとんど感じなかった標高差1400mが身にしみる。
全身ずぶぬれ。
たまらん、たまらんと念じながら下る。
我慢の頂点に達しつつあった頃、何と!エンジェル佐藤氏登場!
我々の身を案じ、迎えに来てくださったのだ!
ありがたや、ありがたや。
これだから、労山の人情はすばらしい。

ザックの中身を全部出し、ありとあらゆる物を干した後、このブログを書いている。

                                [藤田・記]

<参加者感想>
◆1日目の好天の下の絶景は、初めての雪山の贅沢なご褒美でした。雪の多い地方で生まれ育ったので、雪の中を歩くことはなんだか懐かしい感じがしてよかったです。登りはやっぱりきつかったですが、下りはスキーをしている感覚で何回もコケながら楽しく歩けました。それと、雪の中でのおトイレタイム・・・開放感にあふれていました。テントから中島さんの元気な声が聞こえてくるので、ドキドキハラハラ、スリルがありました。
懺悔がいくつか。
テントやガス、ふんだんな食料とアルコール。これらの重い荷物を全く持たずに歩かせてもらい、何とも申し訳ないです。ラッセルも全部重い荷物を持った若者2人にやってもらい、本当に申し訳ないです。ちょっとでもやらせてもらえばよかったなと反省。
また、山頂手前の平坦な樹林帯で赤テープを見失ったとき、私の幻覚(?)でルートを外れさせてしまい、大きくタイムロスになってしまいました。あれがなければ、山頂小屋まで行けたかもしれないと思うと、またまた申し訳ない思いです。隊長の「順調すぎるときは何かある」は実はこれだったかも。[田口]
◆初めての雪山テント泊本当に楽しかったです。雪の上に寝る!?という心配はすべて払拭され、快適でした。今までは半分しか登山を知らなかったと感じました!そして、恵那山から名古屋の街が見えてビックリ!周りの山々もくっきり!!冬山はすごい!皆さんのサポートに本当に感謝してます。[中島]
◆もう年末なのに、今シーズン初の雪山でした。
 最初はまったく雪がなくて順調に登っていったものの、1800mを過ぎたあたりから雪が出てきて、深いところでは腰まで潜りました。湿って重たい雪です。一気にペースダウン。トレーニングのつもりでトップを行くも、頂上稜線あたりで宮下さんに交代。しばらくすると復活したのでまたラッセル。結局、9時間半の行動時間の半分は雪との格闘でヘトヘトになりました。最高点まで行きたかったですが、この雪ではまだしばらくかかりそう。あまり悔いは残らず、頂上稜線にテントを張りました。
 翌日、トレースのついた道は前日とは雲泥の差。まったく苦労することなく歩くことができその違いを実感するとともに良い勉強とトレーニングになりました。
 年末の恵那山、この時期にはほとんど誰も登らないであろう前宮ルート、重荷を背負ったテント泊、トレースのない道での雪との格闘・・・とても地味で泥臭くて、良い登山になりました。ここのところフリークライミングばかりでしたが、今回で脚力も少し戻り、次の山へ向けて身体の準備が整い始めたようです。1月は積極的に山に入りたいと思います。[成瀬]
◆こんなひどい靴擦れは記憶にありません。両足ともかかと上がズルむけです。試しに纏足(てんそく別名クライミングシューズ)を履いたら、思わずグォーの拷問的痛さです。1月3・4日の伊豆城山クライミングを楽しみにしていたのに・・・無念のキャンセル。前宮ルートの長さと重荷に、我が足皮は耐え切れませんでした。[藤田]
2012.12.30 Sun l 2012 l コメント (0) l top
参加者:中島、田口、Tさん(会員外)

神奈川県在住の知り合いTさんに案内していただき、丹沢のお山へ行ってきました。
丹沢は、各種山雑誌でもたびたび特集が組まれる、人気の高い山であります。
今回も本当は11月末の連休に予定していましたが、山小屋が満杯だということで1週間ずらしたのです。
北アルプス、中央アルプス、近場の山ばかりの私にとっては初めての山域です。

例会で「寒いよ~」「雪あるよ~」「アイゼンいるよ~」と言われていたので、ウエアと装備のチョイスにはかなり手こずりました。
何とかパッキングし、11月最後の金曜日、中島さんと新幹線で一路小田原へ。
駅裏の怪しい歓楽街にあるホテルで一夜を明かし、いざ丹沢山へ!

12月1日
小田急で秦野まで行きTさんと合流。タクシーでヤビツ峠まで行きます。
登山口からは、登りに強い中島さんが先頭、次に地元のTさん、登りダメダメの私がしんがりで歩きます。
6時45分出発。
天気はあまり良くなく、細かい霰が時折落ちてくるので、頻繁にカッパを着たり脱いだりしました。
いつものように中島さんは強靱な足腰と呼吸機能で、さっさか歩きながらマシンガンのようなおしゃべりを繰り出します。
受けるTさんも鋭い切り返しと豊富な話題で、2人の会話はとどまることなく展開します。
「よくこんなに話すことがあるなあ・・・」感心しながらヨロヨロとついていきます。
登山客はやはり多く、しかも若者層。そして当然、彼らは歩くのが速くて、どんどんぬかされます。
普段あまりぬかされることがないので、内心忸怩たるものがあります。


【尊仏山荘前。雲の中から富士山が現れるのを待つ人々】

12時15分、塔ノ岳(1491m)。
山荘前の広場は富士山を眺める絶好のポイントのようです。
しかし雲が多くてなかなかその姿を見ることはできませんでした。
冷たい風の吹き付ける中で固くなったおにぎりを食べ、また出発。
丹沢の山は笹っ原の中を歩くというイメージがあります。
本当にそういう景色を見ると「ああ、やっぱり」と妙な安心感を持ってしまいます。

DSC00551_convert_20121215174010.jpg
【丹沢の代名詞笹っ原の中を行く2人】

13時45分、丹沢山(1567m)みやま山荘到着。
小さいけれど、清潔で暖かい印象の小屋でした。
荷物を整理して、食堂で恒例の私だけビールタイム。
暗くなってくると、やはり小屋の中はたくさんの人でいっぱいに。
事前に言われていたとおり、一枚の布団に2人という結果になりました。
一度寝ると身動きが取れず、大変長い夜となりました。

12月2日
山荘を6時20分に出発。
まだ暗い空には雲一つなく、富士山と月がまことに絵になる風景です。
丹沢名物笹っ原は、霜が降りて真っ白です。
蛭ヶ岳に向かう途中、棚沢ノ頭に突き上げると、巨大な富士山が目に飛び込んできました。
今まで見た富士山の中で一番大きな富士山でした。

DSC00578_convert_20121215174430.jpg
【ドーンと現れたでっかい富士山】

9時50分、丹沢の最高峰蛭ヶ岳(1673m)。
この頃にはもう天気は下り坂で、雪がちらついてすごく寒くなってきました。
ストックを持つ手がかじかんで、感覚がなくなってきます。
10時25分、檜洞丸(1551m)。
温かいミルクティーを飲んでほっこりした気分になり、ここからは私の得意な下りです。
いかにもヒザに悪そうな大股でどんどん下りていく私を見たTさん曰く「彼女、なんか鬱憤がたまっているのかしら?」
単純に下りが好きなだけですが、確かに鬱憤もたまっています。
ほとんど休まずにがしがし下り、12時45分西丹沢自然教室到着。
標高はそれほど高くないけれど、アップダウンが多く変化に富んだロングトレッキングを楽しむことができました。
翌日は久しぶりの激しい筋肉痛に見舞われました。

反省点:
今回、私は地図もコンパスも持参していました。
でも、休憩ポイントなどを確認するくらいで、丹沢に詳しいTさんにほとんど頼り切っていました。
下りが多くなってからは私が先頭を行かせてもらったのですが、丹沢山と檜洞丸、ゴーラ沢出合の3カ所でTさんに止められました。
「ちょっと待って」と言ってTさんはすぐに地図を出し、私が行く道が合っているかを確認し、正しい道を教えてくれました。
丹沢の山の奥深さと、自立した登山者への道の困難さを知った山行でありました。

                              [田口:記]

2012.12.15 Sat l 2012 l コメント (0) l top

【この頃はまだ笑っていた】

参加者:前橋・北野・伊奈山・藤井・井畑・宮下

小屋仕舞いと、頂上稜線のルート表示のNWACペナント付けをしました。
下山は、凍った雪の上に降り始めの新雪がうっすらと乗る、もっとも滑りやすい状態で軽アイゼン2組と12本爪1組の人は良かったのですが、無い人3人は転倒続出で最初笑っていたのが徐々に沈黙の下山となったのです。
16時に広河原駐車場に下山しました。
2012.12.08 Sat l 2012 l コメント (0) l top

【どうやら登山口はここのようです】

 午後、ちょっと時間ができたので恵那山前宮道に走りにいった。
 12月下旬、会の皆さんとここを登る予定なので、ペナント付けと偵察も兼ねて。
 
 川上の恵那神社Pに駐車。
 とぼとぼ、林道を進む。真っ紅に紅葉した落ち葉に風流を感じる。晩秋の空気が心地よい。
 二つ目の堰堤横に登山道の表示。
 本格的な登山道が始まる。
 中津川市街地から6km程度の至近距離に、こんなにもすばらしい登山道があることに感謝!

 今回の私の装備の特徴は、クマ鈴・高度計・GPSの三つ。どれも実に心強い道具。
 とても手入れの行き届いた登山道が続く、感謝・感謝・感謝!

 ほんわかした秋の日差しの中、ペナントを付けつつトコトコ登る。
 広葉樹林が所々にある。明るく開けた青空が心地よい。
 雪が積もったときを想像しながら、判断に迷いそうな地点にペナントを付ける。
 標高1300mあたりで、25m持参した赤テープを使い果たす。
 地図を見れば、ここから先は尾根を忠実にたどればよさそう。
 だから、進路に迷ったなら「上へ上へ」と単純明快なルート取りで正解だろう。

 そして、さらに別件ですが!
 何と、今回は懸案であった積雪期用テント購入済み!
 超豪華版!エスパース6~7人用!
 このテントの特長は、透湿性にあり。
 テント内の水蒸気を即座にテント外に出してしまうので、結露とかの不快感ほとんどなし。
 つまり、テント内は壁も空気も常に乾燥状態のまま!という快適空間が実現してしまうのだ。
 このテントを、12月下旬のこのルートの登山で初使用予定なのである。
 新品の香りは、えもいわれぬ感動を我々にもたらすであろう。
 しかし、そこで調理されるものはキムチ鍋であろう。それもニンニク臭ふんだんの。

 さて、このルートの標高差は約1400m。恵那山に登るのには少々マニアックなルート。
 会の皆さんと冬に登れるのを楽しみにしている。
                        [藤田・記]
 
2012.11.24 Sat l 2012 l コメント (0) l top

暑い!暑い!と、わめいていた9月からあっというまに11月です。
ここんとこの冷え込みで、恵那山に雪が積もっているのが望見されます。
朝っぱらからラジオから聞かれるド演歌に年末近しを感じます。

2012.11.17 Sat l 2012 l コメント (0) l top