FC2ブログ

【黒の田湿原、積雪なし】

参加者 藤田、早川
天 気 晴れ(8:30県道気温-2℃)
タイム 中津川市役所8:00-大草登山口9:00-下山11:50

先週末、瑞浪の岩場から国道19号を隔てて、屏風山に積雪が遠望できた。
積雪期用トレーニングをしたい。
ならば、今週末は天気が悪そうなので、屏風山に出かけた。

冬晴れの好天の中、よいペースで稜線まで登る。
積雪なし。
雪がなくても、この山は歩くのにけっこうよい山だ。
黒の田湿原を経由して、山頂へ。
北西風が冷たい。
登りとは別の道を快適に下山した。


2013.12.28 Sat l 2013 l コメント (0) l top

【スイーツ食べまくりの参加者】

山に登る者、トレーニングをすべし!
走ることは足腰を鍛え、たいへんよろしい!

ということで、走るトレーニングの一環である。
藤田・伊奈山・早川の精鋭ランナーは、愛・地球博跡地で開催されたスイーツマラソンなる行事に参加した。
距離にして10kmのランニング。
エイドには、これでもかという種類・量とも無尽蔵といえる「甘いモン」

さすがの女性2人も、当分は「甘いモンいらん」との発言が飛び出す。
私は、少々胸焼け。

走ったのか、食べまくりなのか、ようはわからんものの、未知の体験で皆けっこうおもしろかった。

初冬、中津川にはない広い広い快晴の空の下でランニング。
心身リフレッシュのよいトレーニングとなった。
山に登る者のオマケだな。
                     [藤田・記]
2013.12.02 Mon l 2013 l コメント (0) l top

【バシッ!と止める土井田くん】
自分がヘマをしない。
相手のミスはカバーする。
その考えの典型が大阪府岳連コンテである。
雪の稜線を颯爽と歩き、頂上でサッとロープをさばき、サッと下山したいものだ。
市役所横の芝生で入念にトレーニングを繰り返した。
モノにするには100回の反復!
そして、それ以上に実践で使えること。
冬の御岳でさらにトレーニングを積み重ね、5月の穂高をカッコよく登りたいものだ。
2013.11.17 Sun l 2013 l コメント (0) l top
Pim0001_convert_20131110104953.jpg
11月は例年、山行が少なくなる時期です。
おまけに今日は雨降り。
そんなときは、本を開いて「温故知新」しましょう。

さて、「滑川源流概念図」
中津川労山には縁の深い山域です。
山名など、現在と若干異なるのも興味深いものがあります。
以下は、ある本に載っていた昭和10年11月1日~3日の記録です。

1日 晴れ
 4:00 上松発~駅から歩いたらしい。
15:30 Aの700m下でベースキャンプ~Aまでは川幅約50m、白い岩に紅葉が映える。
2日 晴れ
 6:35 発~雪はまったくないのでワカン・ピッケル残置。アイゼンは持つも結局不使用。
 7:20 A~ここからV字谷。
 8:10 Bからアンザイレン。
 8:50 Cでザイル解く。
11:00 D~所々凍っているもののアンザイレン不要。
16:00 宝剣岳~宮田小屋(どこにあるの?)泊。焚き火で過ごす。
3日 晴れ
 5:25 発
 6:15 H~Iまでは滑滝の連続と氷で難渋。すばらしい廊下谷。
 8:00 J~8m滝K・13m滝Lはハーケンを打ち300mザイル2本!で一気に懸垂下降。
 9:00 A
10:20 ベースキャンプ
18:30 上松

古きよき時代の、実にほのぼのとした「山旅」である。
こんなのんびりした山旅をしてみたいものだ。

 
2013.11.10 Sun l 2013 l コメント (0) l top
事故者搬出&コンテトレーニング

[正しい方法なら女性でも60kg以上の男を背負って歩ける!]

参加者 藤田・土井田・早川・伊藤
場 所 サンライフ中津川

台風襲来の週末。
秋の登山を計画していた皆さんは計画を断念。
そこで、冬の御岳への室内トレーニングとした。

山の事故を想定して、担ぎ下ろすトレ。
ザック・雨具そしてストックを利用して背負ってみた。
ストックに全体重をあずけられるので、事故者に負担が少ないことが分かった。
しかし、体育館を歩くだけでもけっこうシンドイ。
これが本当の事故で山道を歩くとなると・・・。
冬の御岳であるかもしれない捻挫への準備万端。

次に、大阪府岳連方式コンテの練習。
システムを習得し「10時半」の方向にロープを投げる練習がミッチリできた。

次回は、さらに冬の御岳に向けて実践トレを積み重ねる。
                          [藤田・記]
2013.10.26 Sat l 2013 l コメント (0) l top