FC2ブログ
危機への備え
DSC_0363_convert_20200224104807.jpg
【梅満開。春の山はどこに登ろうか】

危機管理か?危機対応か?
2月23日(日)中日新聞第2面の、「視座」という記事に学んだ。
そもそも、「危機を管理する」という発想自体が傲慢ということらしい。
「危機管理」という言葉には、危機は予測可能なもので、コントロールできるという発想が込められている。
完全に予測できる危機なら、最初からなくすことができるはずだ。
しかし、それができないのは、予測不能な事態が起こるからである。
完全に予測できないから、危機なのである。
では、予測しえない危機を前に、人は無力なのか。
それは、違う。
危機を管理することはできない。
しかし、対応することはできる。

危機対応
危機発生で最も重要な対応が、初動である。
初動において、正確かつ迅速な対応を可能な限り判断し、実行できる決断力が要求される。
多くの場合、そこまでやる必要はなかったと、後日批判されるだろう。
しかし、その批判を恐れて、初動で小出しの対応をすることが危機を深刻化させかねない。
初動の遅れ、小出しの対応、そして後手は、時間の浪費である。

セルフレスキュー
さて、登山事故発生への対応でも、当然初動がものをいう。
初動がすべてと、心得てもよいだろう。
事故発生現場にいる人には、正確かつ迅速な対応を可能な限り判断し、実行できる決断力が要求される。
そのためには、日頃の準備が必要だ。
遭難救助講習会への参加とトレーニングが、中心となるだろう。
応急処置、搬送といったセルフレスキューを学べる。
学習であるから、強制はよろしくない。
学習の源泉は、山が好きという心以外の何物でもないから。

遭難救助
事故発生!
セルフレスキューができる人がその場にいるか、いないか、運命の分かれ目。
日頃の準備をしていない人に、何かを要求しても、それは酷というものだ。
さらには、そうした人が何人集まっても何もできない。
現場まで来られても二次遭難?
ましてや、下山口に何人集まろうと無意味。
一緒に山に登るなら、この人は人を助けることができるのか見極めたい。
これは、十分に予測可能な「危機管理」である。
でも、ケータイが通じる低山ハイクレベルなら、そこまで考えなくてよいかも。
電話でSOSすれば、誰かが助けてくれるし。



2020.02.24 Mon l 事故から学ぶ l top
やっちまう前に

【前穂高岳をバックにたまらん一杯。この一杯のために安全登山】

死んだらアカン
上高地から延々歩いて6時間ほど後の生ビール。
たまらん!
しかし、右奥にある前穂東壁では、この日、死亡事故があったようだ。
亡くなられた方の、ご冥福を祈る。
そういえば、翌日も長野県警のヘリコがしきりに、ⅢⅣのコルでホバーリングしていた。
死の地帯。
標高の高い低い、近い遠い、簡単ムズイ。
そんなこと、どうでもいいから、生きて帰ってくれよ!
家族がおるんやろ!

やっちまう前に
ここからは、今回の前穂東壁事故を離れ、一般論。
事故は偶然か?必然か?
極限的なクライミングでの事故なら、人知を超えたものとして「やむをえず」はあるだろう。
しかし、一般登山で日頃の準備を怠った事故は、悔やんでも悔やみきれない。
メンバーの事故であっても、リーダーの責任は大。
山に民主主義はない。
すべて、リーダーの判断でメンバーは動く。
以下、大事な順に述べる。

体力・技術
特に、下りの脚力。
バランスを崩したというのは、たいていは脚力の衰えによるもの。
脚力維持の最大のトレーニングは、頻繁に山に登っていること。
あるいは、体力が衰えた高齢者だと、まさかのことをやっちまう。
「年数回の登山です」は、事故予備軍と心得よう。
登山が無理なら、せめて週に何回かはランニングしよう。

登山計画書
言わずもがな。

山岳保険
労山基金は、登山者の登山者による登山者のための保険。
これほどすぐれたシステムは、他の追随を許さない。
私は5口加入しているので、万が一の場合は200万円いただける。
これで十分かは、評価の分かれるところ。
なにせ、ヘリコとなれば1分1万円の費用。
地元遭対協に出動していただくと、夏ならお一人に付き一日3万円。
だから、ココヘリ必携は言うまでもない。

救急法と搬送法
今年の、県連救助隊訓練は意義あるモノだった。
事故者をヘリコピックアップ地点まで、最善の方法で運ぶ方法を「体」で学べた。

通信手段
北アルプスだと、稜線に出ればたいていスマホは通じる。
でも、少し谷に入ってしまうとアウト!
ましてや、他の山域では稜線でもアヤシイところ。
スマホが通じるのは、ラッキー以外の何物でもない。

非常用装備
ツェルト、重いけど必携だね。

やっちまった後に・・・事故報告書
同様の事故の再発を防ぐために作りたい。
少なくとも県連の中で、できるだけ早く、できるだけ多くの人の目に触れることが大切。
あるいは、自治体のヘリコに救助されたのなら、納税者への説明として報告書が必要。
1 その山を計画した経緯。
2 リーダーの選定理由。→まさか、会の古株?年功序列?
3 メンバーの3~5年以内の山歴。→10年以上前の山歴や山歴ウン十年はあてにならん。
4 事故発生までの行動概要と発生時の状況(天候・装備なども)。
5 事故原因。
6 搬送方法。→これを最も知りたい!まさか、事故者が自力で歩いた?ありえん!
7 現場とヘリコピックアップ地点の写真(地図もあればなおよし)。
以上が書いてあると、意義ある報告書となる。
それと、事故一報は全国連盟にいつメールしたかがけっこう重要。真剣具合が問われる。
会内の細かい事情は書く必要なし。その会の内輪のことであるから、他会の人には???、どうでもいい、読み飛ばす。ただし、会の体質を書くことは必要かも。

2019.08.25 Sun l 事故から学ぶ l top
彼を知り己を知る

X線CT
この三連休前、親知らず治療のために、頭部のX線CTを受診した。
好天が続いた連休だったが、体調不良ということで、登山は控えることにした。
おかげで、たくさん本を読む時間がとれた。
「X線」というものに、大変興味を持った。
なぜ、我がスカスカ頭の中身が丸見えになるのか?
「X線が拓く科学の世界」(平山令明著)、「放射線のひみつ」(中川恵一著)、「放射線と放射能」(薬袋佳孝著)を立て続けに読みふける。
なるほど!の連発。
X線というのは「光」の一種なんですね。
我々が肉眼で見ることができる光は、可視光線と言われる、いわゆる虹の七色。
さらに、紫外線・赤外線は見ることはできなくても、その存在は何となく理解できる光。
そして、X線。
この光は、何と体を突き抜けることができる光らしい。
ただし、カルシウムは突き抜けられない。
だから、X線写真ではX線を遮った骨や歯の「影」が映っているわけかぁ。
「光」があれば「影」がある。
すこぶる、納得。
X線のおかげで、我が治療は円滑に進んだことはいうまでもない。

原子力
X線をはじめとして、他のいくつかの「光」が放射線というグループを作っているらしい。
医療・工業をはじめ、空港のセキュリティーチェックなど、放射線は数々の場面で活用され、我々の生活になくてはならない存在。
そして、発電への活用。
原子力発電というだけで、表面的かつ感情的にキケンなモノと短絡的に考えていた自らの見解はいかがなものであったかと、読書中にふと反省した。
孫子の兵法にもあったなぁ。
「彼を知りて己を知れば、百戦してあやうからず」
正しい情報を自ら勉強することが、何より大切みたいだ。
もうちょっと、原子力に関する本は読んでみよう。

登山の向上
ひるがえって、山について考える。
山には、思いもよらないキケンがあるのは誰もが認めるところ。
だから、一番の安全策は最初から登らないこと。
あるいは、レベルを下げたハイキング道をノンビリ歩くこと。
あるいは、観光化された登山を続けること。
しかし、そうした緊張感を伴わないことは、何度繰り返しても進歩や向上は望めない。
前述の「孫子の兵法」が、よろしい。
登ろうとする山のキケンを事前に研究し、対処法を考えておく。
さらには、日頃から技量を磨き、体力をつけておく。
怖いと思う気持ちが必要で、十分な準備を怠りたくないものだ。
正しく怖がりたい。



2018.10.08 Mon l 事故から学ぶ l top
自分に限って事故は・・・?

他山の石
身近なところで、事故があった。
さらに、この夏は全国の労山で4件の死亡事故が発生したとも知った。
他人事ではない。
本日は、台風で外に走りに出られない。
こんな日こそ、県連救助隊訓練で学んだことの復習をした。
事故発生直後に、滑落した仲間をヘリコピックアップ地点まで引き上げるシステム作り。
事故は、いつでも仲間の身に、そして自分の身に起こることを「他山の石」としたい。

山のすべてを受け入れることだ
楽しく登ることの土台は、安全登山にあり。
しかし、いざ事故が起きた時にどうするのかという練習は必要感は感じていても、しないのが現実。
ガストン・レビュファ先生であったろうか、
「登山とは、山のすべてを受け入れる行為だ」
の名言。
事故も、登山の一部。
いつ起こるか分からないことだけど、備えをしとくのが山岳会とそうでない人たちの違いか。

裏山と北アルプス
ケータイが通じるような裏山なら、事故が起きても電話一本でOK。
しかし、北アルプスの山深くでは、自分で何とかせねば。
条件に恵まれて登った山をいくつ並べたところで、それはその人の実力とは言えない。
悪い条件に対処できてこそ、その人の実力ではないだろうか。
何かしらのアクシデントに見舞われたときに、馬脚が現れる。
天候急変の北アルプス、パーティー内に事故が起こった北アルプス・・・、その備えをしたい。


2018.09.04 Tue l 事故から学ぶ l top
救助中の山岳救助隊員が転落し死亡

15日朝、四国・石鎚山系の大森山で、遭難者を救助していた山岳救助隊員が崖から落ち、死亡。
15日午前7時半頃、道に迷ったと通報した男性3人を救助するため、西条警察署・山岳救助隊の30代隊員が、ヘリコプターから降下した直後に崖から転落。病院に運ばれたが、頭を打つなどしていて、およそ2時間後、出血性ショックのため死亡。

遭難救助のプロは、命を懸けているのだ。
労山会員は新特別基金に加入している。基本的には、いよいよ生死に関わるときに使うためだ。そのときとは、たぶんヘリコ救助のときだろう。今回の遭難者にヘリコ救助以外の選択肢はなかったのかは、情報の少なさからここでは判断できない。現場の地形・ケガの程度などの詳細が不明なので、ここではその議論は差し控える。いずれにしても、人を助けようとした人が死んでしまうのは何とも忍びない。
2014.09.15 Mon l 事故から学ぶ l コメント (0) l top