FC2ブログ
危機への備え
DSC_0363_convert_20200224104807.jpg
【梅満開。春の山はどこに登ろうか】

危機管理か?危機対応か?
2月23日(日)中日新聞第2面の、「視座」という記事に学んだ。
そもそも、「危機を管理する」という発想自体が傲慢ということらしい。
「危機管理」という言葉には、危機は予測可能なもので、コントロールできるという発想が込められている。
完全に予測できる危機なら、最初からなくすことができるはずだ。
しかし、それができないのは、予測不能な事態が起こるからである。
完全に予測できないから、危機なのである。
では、予測しえない危機を前に、人は無力なのか。
それは、違う。
危機を管理することはできない。
しかし、対応することはできる。

危機対応
危機発生で最も重要な対応が、初動である。
初動において、正確かつ迅速な対応を可能な限り判断し、実行できる決断力が要求される。
多くの場合、そこまでやる必要はなかったと、後日批判されるだろう。
しかし、その批判を恐れて、初動で小出しの対応をすることが危機を深刻化させかねない。
初動の遅れ、小出しの対応、そして後手は、時間の浪費である。

セルフレスキュー
さて、登山事故発生への対応でも、当然初動がものをいう。
初動がすべてと、心得てもよいだろう。
事故発生現場にいる人には、正確かつ迅速な対応を可能な限り判断し、実行できる決断力が要求される。
そのためには、日頃の準備が必要だ。
遭難救助講習会への参加とトレーニングが、中心となるだろう。
応急処置、搬送といったセルフレスキューを学べる。
学習であるから、強制はよろしくない。
学習の源泉は、山が好きという心以外の何物でもないから。

遭難救助
事故発生!
セルフレスキューができる人がその場にいるか、いないか、運命の分かれ目。
日頃の準備をしていない人に、何かを要求しても、それは酷というものだ。
さらには、そうした人が何人集まっても何もできない。
現場まで来られても二次遭難?
ましてや、下山口に何人集まろうと無意味。
一緒に山に登るなら、この人は人を助けることができるのか見極めたい。
これは、十分に予測可能な「危機管理」である。
でも、ケータイが通じる低山ハイクレベルなら、そこまで考えなくてよいかも。
電話でSOSすれば、誰かが助けてくれるし。



2020.02.24 Mon l 事故から学ぶ l top
華麗な舞

【背中に視線を感じる】

県連救助隊訓練中止につき
救助訓練は、真剣にやっときたいなあと思う。
本だけで勉強しても、あかんわな。
受験のとき、参考書だけで勉強するのと同じこと。
やはり、講師(先生)から実地で学ばないと要点は分からない。
金と時間と手間を省くのは、愚。
しかし残念なことに、今回は雨天中止。

人工壁にしがみつく
訓練中止となれば、転身先決定は早い。
岡崎の人工壁に、7名が集結。
意欲ある皆さん、たいしたもんだ。
妙齢の女性の方も、キャーキャー叫びながらの懸垂下降が楽しい。
生まれて初めて、ロープ一本にぶら下る恐怖感がたまらんようだ。
私はといえば、もうちょっと腰を入れて、華麗に舞いたいものだ。
2020.02.22 Sat l 2020 l top
もがくおじさんの人体実験室⑦
[仮説]同じルートを三度目登ると、体が「順応」するのではないか。
[実験]麓の坂本地区から根ノ上高原に、三度目のトレランをしてみた。
[結果]タイムは、1時間44分→1時間50分→1時間51分と、ほぼ同じ。
[まとめ]一度目にあった大腿四頭筋の筋肉痛に関しては、二度目・三度目はなかった。
やはり、三度同じルートを繰り返すと、体は「順応」すると結論づけてよいと思う。
年齢を重ねるにつれ、実際の登山をしたり、山向けのトレーニングをしたりすることは必須と言えるだろう。

県連雪上救助訓練
雨予報。
2月16日(日)に予定されていた、表題の訓練は中止となった。
雨が降る中、大人数が雪上で行動することの危険性が考慮された。
当然、中津川からは私一人が参加予定だった。
会場の大日ヶ岳(奥美濃)まで、一人運転だと気合を入れていたので、少々拍子抜け。
次回開催の時には、雪崩対策の行動や雪上技術など、実践で学びたい。
2020.02.15 Sat l 2020 l top
いざ、鎌倉!

【お約束の鎌倉大仏】

今年は、鎌倉
年に一度集まって、大学の頃の同級生とバカ話をするのは実に愉快。
去年は、博多在住の同級生のところへということで、博多へ。
そして、今年は、東京・横浜在住の同級生のところへということで鎌倉へ行った。
観光は、長谷寺→鎌倉大仏→鶴岡八幡宮→江の島と、鉄板モノのコース。

DSC_0361_convert_20200211140202.jpg
【新幹線の車窓から】
山のブログなので、申し訳程度に、帰路新幹線からの富士山。
富士山という山は、見えると何だかウレシイね。
2020.02.11 Tue l 2020 l top
新靴効果

4549_convert_20200203202913.jpg
【見よ!氷にしがみつく我が姿】

今シーズン、ようやく開始
2月の声を聞き、ようやく今シーズン初アイスクライミング。
場所は、お約束の濁河「はもずし」ゲレンデ。
超暖冬のため、氷は例年になく超ショボい。
写真右に写っている岩部分は、例年ならビッシリと氷なのだが。

道具か?
大枚、約7万円で、新しい登山靴を買った。
トホホの散財。
今回は、その靴の初使用。
うーーーむ。
これは、いい!
高い金を払っただけのことはある。
安定して氷に立てた。
スキーにしろ、アイスクライミングにしろ、雪氷系の「遊び」は道具の良し悪しが影響大と思う。
2020.02.03 Mon l 2020 l top